いまみや工房とうつわ達のブログ







[PR]



焼き物 陶器 島根の窯元 いまみや工房

いまみや工房のうつわは島根県出雲地方のうつわです
石見土、今宮土、来待釉、益田長石、周りの草木を灰にして作る草木釉
出雲地方の風土のなかでうつわを作ります
自然に寄り添いながらうつわを作ります
そんなうつわ達と古民家での日々をつづります.


  meshiwan donburi 
  yunomi 
        kappu 
   sara  
  kozara 
  hachi 
  oozara 
  hanaire 
  guinomi 
         macchawan 
  hutamono kyuusu 
  afrika aji

いまみや工房

国引き神話の舞台、古代出雲、意宇の郡(おうのこおり)。木々の声、風の音、野鳥の歌がいつもきこえる、そんな場所にいまみや工房はあります。
草木を灰にして作る草木釉や来待釉を使って楽しく、温かいうつわたちを作っています。
自由陶芸教室、陶芸体験、日曜カフェ、ギャラリーなど
魅力たっぷりのいまみや工房においでください。




コラム<島根の焼き物、島根の陶器>

 出雲の窯→出雲地方の焼き物は延宝5年(1677)、松江藩主の松平綱近が、萩焼の陶工を招いたのをきっかけに盛んになったといわれ、松江藩御用達の楽山焼、不味公好みの布志名焼など、おもに茶道具を中心に焼かれていた。
 その後、しだいに民芸調の実用的な日常食器も作られるようになり、幕末から明治、大正期に隆盛期を迎える。昭和初期の民芸運動の中で開窯した袖師焼など、出雲伝統陶器の味わいを現在に伝え続けている。
 
 石見焼→県西部の江津市、浜田市を中心に東西に広がる石見地方は、良質の陶土に恵まれている。この地方に古くから伝わる製陶技術(しの作り)でつくられた焼き物を石見焼と呼ぶ。1781年頃から水がめ(はんど)など大物粗陶器が生産されるようになり、江戸末期には、北前船により、北陸、九州などにも運ばれ、その名が広く知れわたった。現在では、大物を焼く技術が生かされたテーブルや傘立てなど、多彩な商品が作られている。 平成6年、独特な味わいと温かみを持つ焼き物として国の伝統的工芸品に指定された。

土と柚薬→島根は良質の土と水に恵まれ、とくに石見の陶土は粘りがあって腰が強く、高温で焼くことが可能である。
そのため硬くて丈夫で、水もれがなく、耐酸性、耐アルカリ性の高い焼き物が作られている。
 
また、来待石を用いた来待釉薬(うわ薬)は島根県独特のもので、焼くと色鮮やかな朱赤を放ち、作品に深い趣を添える。
                    (神々の国、島根県観光ガイドより転記)

 島根県は日本六古窯にこそ数えられてはいませんが、全国でも窯元の多さでは有数のところだと思います。島根県陶器振興会に加盟している窯元は70を越えています。石見地方では近年、廃業されたところも多く、もっと多くの窯元があったと思われます。
 上記のように、松江藩七代藩主である松平不昧が茶の文化を花開かせたことで多くの茶器が焼かれたこと、石見に良質の陶土があったこと、来待石釉薬との出会いで石州瓦が作られたこと。など島根県の焼き物が盛んになった理由が多くあると思います。
 また、民芸運動の中心者の一人であった河井寛次郎が島根県安来市の出身であって、寛次郎自身も島根県の窯元に滞在し指導しただけでなく、浜田庄司、バーナードリーチも多くの指導をし、足跡を残していることが特筆されることだと思います。
ですから、民芸運動の流れを引いた、すばらしい窯が県内にはたくさんあります。
 さらに荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡等、すごい遺跡がたくさん見つかっている古代出雲、もちろん弥生期のすばらしい土器がたくさん出土しています。この歴史の源が今につながっていると思うのです。

 さて、来待窯、三島もこうした伝統を踏まえつつも楽しく、切り口のある焼き物を作っていかねば、と取り組んでおるところです。
 また、来待石の来待釉薬はなかなか食器に使うには手ごわいですが、日々研究。いつの日か画期的なやつを皆さんにお見せしたいと思っています。




新着トラックバック/コメント

応援クリックぽちッと
よろしく♡
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 松江情報へ
にほんブログ村

カレンダ
2017年11月
     
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
2006年 (23)
4月 (13)
6月 (10)
2007年 (15)
7月 (15)
2008年 (49)
1月 (2)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (12)
10月 (23)
11月 (7)
12月 (1)
2009年 (103)
1月 (27)
2月 (13)
3月 (4)
4月 (15)
5月 (19)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (1)
10月 (7)
11月 (2)
2010年 (18)
5月 (8)
6月 (1)
7月 (6)
8月 (3)
2011年 (15)
2月 (4)
6月 (1)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (1)
2012年 (5)
1月 (2)
2月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
2017年 (1)
1月 (1)

アクセスカウンタ
今日:159
昨日:513
累計:516,273